日本語 English 中文
日本語英語

開催概要

一般財団法人阿波和紙伝統産業会館の開館25周年を記念して「AIMPE2013」を2013年に開催しました。
参加国39カ国、出展者598名、出品作品938点の参加があり、2015年の第2回目には参加国51カ国、出展者756名、出品作品1108点の参加がありました。

本展覧会は版表現を行う国内外のアーティストに呼びかけミニプリントの作品を広く公募し、厳選な審査の上栄誉を授与し、当館展示室にて展覧会を開催します。

本展覧会を通じて、日本の伝統文化に根ざす手漉き和紙のグローバル化を図るとともに、アーティストの発表の機会を設けることにより版表現のさらなる普及の一助になることを期待しています。

本年度は入賞作品を(一財)阿波和紙伝統産業会館で一堂に展示し、工場跡地を改装した「いんべアートスペース」での展示では応募作品の全作品を展示し、過去二回の優秀作品はサテライト会場を設けて市内全域に展示します。また、内外の作家に製作依頼した「阿波紙と版表現展」を併設展示します。

プロアマを問わないオープンな公募展として多数の参加を期待しています。また、会期中は招待作家や専門家によるシンポジウムやワークショップを企画しています。

1)ユネスコ文化遺産に認定された「和紙」を使用した作品を募集します。

2014年度に「和紙:日本の伝統技術技術」としてユネスコ無形文化遺産に認定されました。日本各地には数100種類の和紙が生産されています。その和紙なら産地や品質を問いません。また、お近くの販売店でお買い求めください。

2)総額100万円を越す賞金と数々の「和紙」が副賞として準備されています。

大  賞(1点)  30万円
準大賞(1点)  10万円
優秀賞(5点)  5万円
アワガミファクトリー賞(3点)  3万円
吉野川市長賞(1点)  3万円
藤森実賞(1点)  3万円
審査員賞(複数点)  1万円

3)参加者全ての作品を展示します。

入賞作品を(一財)阿波和紙伝統産業会館にて、応募作品の全作品をいんべアートスペースで展示します。
いんべアートスペースでは、内外の作家にによる「阿波紙と版表現展」を併設展示します。

過去2回開催の優秀作品は、サテライト会場を設けて市内全域に展示します。

4)5月31日までに参加登録及び参加費のお支払をしていただければ、500名様に限り無料でアワガミ版画用紙サンプルパックをお送りします。

先着順になりますので、参加費お支払後の1週間以内にお届けがない場合は予定数に達したとご判断ください。発送のご案内は致しません。

サンプルパックは、アワガミファクトリーで製造した約36〜250g/㎡の和紙で、木版画、銅版画、シルクスクリーン、リトグラフ等の版表現にご利用頂いている和紙より複数枚(A4サイズ)をセット致します。
民芸紙白、白樺、北方(SH-16)、竹和紙250g/m2版画用、SH-28楮紙(8匁)未晒、オカワラスチューデント、白峰、No.4楮厚口(晒)27kg、No.4-1楮厚口(未晒)27kg、泰山(W-5,MM-1)、HM-05雁皮紙

近在に和紙の販売店がない場合には、アワガミ版画用紙サンプルパックを格安で販売しています。こちらからご購入ください。

 

募集期間 2017.5.1(月)〜7.31(月)
審査発表 2017年9月5日、ホームページに掲載発表、受賞者は本人に連絡します
展覧会 2017.10.7(土)〜10.29(日)
会場 いんべアートスペース及び一般財団法人阿波和紙伝統産業会館
主催 一般財団法人 阿波和紙伝統産業会館、いんべの里地域活性化実行委員会
協力 吉野川市商工会、阿波手漉和紙商工業協同組合、富士製紙企業組合
助成 依頼中
後援 依頼中
チラシ・チケット 作成中

 

審査員

  • (予定)
    委員長 藤森洋一(一般財団法人 阿波和紙伝統産業会館 理事長)
  • 委員 小林敬生(版画家)
    委員 三木哲夫(兵庫県陶芸美術館 館長)
    委員 平木美鶴(版画家)
    委員 木村秀樹(版画家)
    委員 竹内利夫(徳島県立近代美術館 上席学芸員) 
    委員 高村千恵子(徳島新聞 生活文化部長)

    顧問 吹田文明(版画家)

    (順不同)

お問合せ

  • ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。
    アワガミ国際ミニプリント展 AIMPE事務局
    お問合せフォーム